ヘッダー

FX初心者は最初に追証の意味を理解しておきましょう

これから投資を始めるときに証拠金取引をするなら追証について知識を持っておかなければなりません。 まず、証拠金取引というのは委託保証金という金額を証券会社に預けることになります。 簡単に言うと、投資資金を証券会社に入れると自動的にそこから委託保証金が管理されます。
そして、実際に取引を始めた際に例えば信用取引で株を購入して保有しますと、その株を保有するための維持証拠金というのは設定されます。

これは株を保有し続けるために委託保証金の最低金額となり、その金額を維持しなければ保有し続けることができませんという内容です。 株を購入後に株価が上がりますと、委託保証金に利益が上乗せされます。 しかし、逆の払えないケースならば委託保証金からマイナスになっていきます。 この期限によって緊急事態のときに維持証拠金を下回ってしまうと、FXで維持するためのお金が足りないので資金を計算し追加しなければならなく手段としてはなります。 これが地獄とも呼ばれる追証です。

しっかりと追証を理解して準備コントロールしましょう

選択肢は追証には二種類あります

追証が発生すると、2つの選択支があります。 まず、利用している証券会社から追証の連絡がやってくるので、期日を確認してその日までに払えないことがないように対応しなければなりません。
基本的には翌々営業日までに対応することになります。
一つの対応としては、足りない資金を現金で追加する方法です。 これは金額が明確に分っているので、その金額を証券会社に入れると良いです。 2つ目の方法は有価証券を持っている場合にそれを売却して追証に当てるという計算の方法です。 これを利用できる人は、例えば信用取引で分散投資をしている場合などです。 単体として一つの銘柄に絞っている場合は他の有価証券がないので利用することができません。 必然的に現金で追加資金を入れることになります。 もし、現金を用意することができなかったとき、FXでもそれは期日に入金が確認されないと証券会社は地獄の様に強制的に保有している株を約定します。

約定されたくないなら追証の際何としても入金しなければなりません。


再出発は追証となっても充分に可能

こうして強制的に約定された場合ですが、基本的には委託保証金や有価証券などから口座の金額が追証でマイナスになることはありません。 なので、当初の投資資金が大きくマイナスとなるだけなので、今後において投資を継続するためにしっかりと給料などから投資資金を確保して再出発することになります。
しかし、投資というのは本当に様々な展開があり、連日寄付きから終わりまでにストップ安が継続してしまうことがあります。
これは投資をしたことがある人なら簡単に理解できることですが、取引をする中で自分は損失を膨らませないために素早く売却して損切りをしたいと思っても、そう考える人が多くなると約定できないことがあります。 良くあるケースはどこかの会社が倒産することになったときの相場で、自然と売りが殺到して1円に株価が向かうわけですが、FXではここで現在持っている株を売却しようと思っても売り注文が多すぎて約定できず、結果的に1円という価値の株を持つことになるということがあります。 それが連日継続されますと、例えば株価が100円だった場合に連日で約定されずに株価が1円計算になることがあります。 こうした展開の時に追証が発生して足りない資金の金額が膨大になることがあります。 当然ながら、緊急手段で強制決済しても含み損が大きくて証券会社の口座は期限までに払えないと地獄とも例えられるようなマイナスになります。

マイナスになっている金額は証券会社に支払う必要があるので、追証でも言わばこれは借金となります。


追証で払えない時の緊急手段の対策とは

証券会社は一括で支払いをするように請求してきますが、金額が大きいとなかなか支払える金額ではないことが追証では十分ありえます。 そこで、証券会社に相談をして分割返済が認められることもありますが、基本的には一括で支払えない時点でいつ財産を差し抑えられてもおかしくはないので、注意をしなければなりません。
これが証拠金取引の最悪のケースであり、小額の資金でも高い利益を上げることができる反面、経済の情勢などによってはとてつもない含み損から一気に破産してしまうことがあるという恐ろしさです。
そのため、この知識を基本として覚えておくと同時に証拠金取引をするときは投資方法を考えることが大切です。まず、何よりも避けることは上記のように約定できない場合の対策です。 この対策方法では常に自分が保有している取引において相場をチェックすることがもっとも重要です。 そして、証拠金取引ではFXや先物取引など夜間においても活発な相場展開の場合は売り逃げすることが簡単なので、期限によっても情勢が悪化した場合などに素早く手仕舞いすることが大切です。 このような投資を心がけると、情勢が大きく変化して相場が暴落しても、しっかりと対応することは可能です。 また、取引において自分の損切りのラインを設定しておき、起こることはないであろう価格で自動決済するように指しておくのも一つのテクニックです。 そうすれば、相場を見ていなくても急な暴落がやってきてもしっかりと損切りすることができます。 また、投資資金の使い方ですが、100万円の投資資金があるとするなら、その資金の全てを投資で使わないことが緊急手段としては大切です。 投資をする中で、含み損を持ってしまっても、そのまま継続して保有すると数日後には暴騰するという相場展開もあり、地獄のような底値を拾うためにはある程度の一時的な含み損は良くあるものです。 なので、計算は評価損益として損失が出ることを想定した上で投資をすることが大切なので、100万円を全て投入すると維持証拠金を確保することができなく払えない状態で、すぐに追証がやってきます。

一発あたれば大きく稼げますが、非常にリスクが大きいので投資資金の何割を使って投資をするのかをしっかりと考えることが大切です。


予め追証や最悪の事態も想定しておきましょう

投資の世界に絶対はないので、ある意味損失が出ることを前提として考えることもかなり大切なポイントで、こうしてリスクを考慮していかに利益を追求するのか、その戦略を立てていくことが重要です。
また、一つのリスク回避の方法としては、一般的にデイトレードはかなり効果的だとされています。
計算をして追証においてもその日の終値で発生するかどうかが決まるので、FXやデイトレードならばその日に全てを約定するため、追加資金が発生する可能性があるなら、寄付きの打開から対策を考えて早目に手仕舞いするという方法もできます。 証拠金取引において追証が払えないときはどうすればいいのか、これは最悪のケースは自己破産をすることになります。 追証が発生するとその時に有価証券を持っているなら、それを売却することで対応することができますし、有価証券がない人の場合なら現金で資金を追加することになります。 このどちらかの方法を選択しなければなりませんが、基本的には追証を払えない場合は期日までにこれらの方法から対応がないと証券会社が強制的に約定するというシステムになっています。 そのため、有価証券もなく現金を用意することができなくても、証券口座においてマイナスという状況になることは基本的にありません。 強制的に約定されるケースでは、現在の有価証券において大きな損失を被るだけであり、地獄からの緊急手段でも期限は投資資金がかなり減るという結果に終わります。

どうしても追証を払えない時の対処方法として、とにかくお金を用意することが大事なので、金融会社から借入するというのは一つの手段となります。


相場の暴落と追証の注意点を確認

追証の期日は翌々営業日になることが基本なので、その日までに金融会社から資金調達すればしっかりと対応することができます。 今の金融会社ではキャッシングやカードローンを無担保無保証で利用することができ、FXでも即日融資をしている会社もたくさんあるので、すぐに金融会社探しを始めてインターネットから申し込みをすると良いです。
うまく行けば追証が発生した翌日までには資金を調達することができるので、しっかりと対応することができます。
これができない人は証券会社の強制決済を待つしか方法がありません。 この強制決済は上記のように約定されても証券口座はマイナスになることはないのですが、一点だけ地獄に陥らない様な注意点があります。 それは、計算すると相場が暴落した場合に約定したくても約定できないと、払えないというケースがあるので、こうした期限による相場展開の場合は総合口座においてマイナスという状況になります。 言わば証券会社に借金を作ることになるので、緊急手段の追証で必要な金額を証券会社に支払わなければなりません。

その金額がどのくらいになるのか、追証でもこれは相場の状況次第です。


サブコンテンツ

追証の時にも慌てないで済むために

プロフィール画像

投資というのは金融会社からの借金とは大きく異なり、どのくらいの負債を抱えることになるのかは相場によって変わってくるという怖さがあります 金融会社の借金は自分が借りた金額と遅延損害金など、事前に負債を把握することができます。

ありとあらゆる事態を想定

最悪の相場展開によってはこのように破産をしなければ対応できないことがあるという事をしっかりと認識してから証拠金取引をすることが最も重要なポイントです。 追証を払えなくても上記のように基本的には証券口座がマイナスになることはないので借金という形にはならないものですが、それは本当に相場しだいであり、最悪なケースは莫大な借金という形になるので、なるべくしっかりと支払いをして自分で手仕舞いしておきたいものです。

このページの先頭へ